2018年04月19日

氷見の魚の味は今も忘れることはありません。

食べた商品:ぶりステーキ、甘えび昆布〆

img565.jpg


私は氷見生まれ、28歳まで氷見で育ちました。
氷見の魚の味は今も忘れることはありません。
千葉も魚の水揚げは多いですが氷見の魚の味は日本一だと思います。
知人より「遊悠」という氷見からの贈りものが届き、カマスや味の一夜干し、ぶりステーキ、甘えびの昆布〆などが詰合せてありました。いずれも絶品でしたが、特にぶりステーキと甘えびが美味でした。ぶりステーキは生ぐささがまったくなく、締まった身は程良い脂とえもいわれぬ香り、ふっくらとしていてやはり日本一の寒ブリの味でした。叢月に必ず食べた塩ぶりの味を思い出しました。甘えびの昆布〆は見た目も美しくやさしい味で鮭の肴に最高でした。
ごちそうさまでした。

千葉県 邑゚子様 83歳

お買い上げはこちら⇒魚蔵ゑびす屋
posted by 魚蔵 ゑびす屋 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183024622

この記事へのトラックバック